家族でキャンプを始めたいと思ったのと同じ頃。

何かの雑誌で見たこの囲炉裏風のテーブルを囲んで
ワイワイ楽しむスタイルに憧れました。

ラウンジシェル1
<ラウンジシェル@スノーピークのカタログ>

こんな雰囲気で泡盛飲みながら
ワイワイ楽しめたらサイコーじゃないですか?(^^♪

これはスノーピークというブランドのラウンジシェル
っていうテント兼リビングで、カタログをゲットして
じっくりみたんですけど、

お値段が189,000円(税別)で予算オーバーだったし

※ラウンジシェルは取扱講習を受けた方
 のみが使用できる商品です。

と書いてあったのでキャンプ初心者には
ハードルが高いよなぁと諦めました。

冷静に考えると

寝るときはここにテントを吊るすことになるので
子供が寝る時間と宴会が共存できないと別に
テントを買う必要があったのかなと思うと

まったく現実的じゃないですね。


それでもすっかりスノーピークの世界観に惚れて
カタログを舐めまわすように見ているときに、
バーベキュー台とその台を囲うこのジカロテーブルに

ビビッ!と来ました。


これを囲むように座ればラウンジシェルのような
雰囲気が楽しめると思って、キャンプ道具を揃えるときに
僕がどうしても欲しかったのはジカロテーブルでした。

スノーピークカタログ1
<手垢がつくほど読み込んだスノーピークのカタログ>

このジカロテーブルは、テーブルの天板が4つのプレートで
できていて取付ける向きを変えると真ん中にできる空間が
大・小2種類選べるようになっています。

そしてこのジカロテーブルの真ん中に納まるように
作られているのがこの焚火台です。




焚火台の上にバーベキュー用の焼き網を取り付けれる
ブリッジを買えばバーベキュー台にもなる優れものなんです。

焚火台のサイズはS・M・Lの3種類ありますが、
バーベキューができる面積を広く取りたかったので
Lサイズにしました。

真ん中の四角が大きくなるようにジカロテーブルを
組み立てると焚き火台のLサイズが
ピッタリくるようになっています。

画像だとだいぶ余裕があるように見えるんですけど、
隙間がこのくらいないとテーブルが熱々になってしまうので
丁度いいんです。
ジカロテーブル1
<買ったばかりのジカロテーブル。恥ずかしいくらいにピカピカ>

大は小を兼ねると思えば迷わずLサイズを選びたくなる
ところなんですが、焚火台のLサイズは5.3kgもあって
けっこう重いんですよね~。

まあ焚火台だけの重さならしれてますが、
実際にバーベキュー台としても使おうとすると
付属品がこんなに必要なので・・・
  • 焚火台L:5.3kg
  • 炭床ProL:3.9kg
  • 焚火台ベースプレートL:1.9kg
  • 焚火台ベースプレートスタンドL:1.8kg
  • 焚火台グリルブリッジL:1.7kg
  • 焼アミProL:1.56kg
  • 焚火台Lコンプリート収納ケース:0.6kg
なんと!約17kg!

普段行くのはオートキャンプ場だから
ほとんど運ぶシーンはないとはいっても
車から出し入れするだけでお腹いっぱいという感じ。

キャンプ場によっては炭捨て場までの距離が遠いところが
あるので焚火台L:5.3kgと炭床ProL:3.9kgと一緒に
残った炭を捨てにいくのはけっこう大変かも。
スノーピーク焚き火台L
<焚き火では炭床は使わないのでまだましですけど>

焚火台Sだと薪をのせた時に焚火台からはみ出したり、
落ちてしまうようなので、あまり気を使わずに焚き火を
したいなら余裕があるLサイズがいいと思います。

焚き火をしながら僕はついつい寝落ちしますし(苦笑)


バーベキューって意外とすぐに飽きるので
最近はキャンプでバーベキューをする機会が
めっきり減っているんですが、

焚き火のためだけにこれだけのセットを持っていくのが
負担に感じる今日この頃です。

それでも焚き火をしたい理由もありますが。
関連記事:オール電化で火を見たことがない子供に火遊びを!!


キャンプにハマると・・・

ほっといてもキャンプ道具はどんどん増えるのに
車に積める物の量はちっとも増えないので

キャンプをおもいっきり楽しもうと思うと
車の積載との戦いといっても過言ではないです。

これからキャンプを始めたいと思っている方は
こちらもどうぞ!

関連記事:【初心者向け】キャンプを始めるならこれだけは買おう!キャンプ道具10選


だからキャンプ道具を選ぶときに兼用できる
っていうのはとっても重要なポイントなんです!

兼用といえば真ん中の四角が小さくなるように逆向きに
ジカロテーブルを組めば、その中にストーブを入れて
子供のやけど対策にも使えますよ。
ジカロテーブル2
<ジカロテーブルで囲われたストーブ>

バーベキュー台にもなるスノーピークの焚火台は
めっちゃ重いけど省スペースなので車の積載にやさしい。

そんなわけで買い換えられるキャンプ道具が多い中、
まだ現役で活躍してくれています(^^♪

車を変えたので積載問題は解消されたんですけどね。

関連記事:「我が家の新しいマイカーが14年落ちのバンになった理由