キャンプ場でバンパクします!

14年落ちの中古のバンで車中泊。

すなわち・・・バンパク

微妙な天気なのでテントを濡らしたくないのと、
デリカカーゴの荷室の広さを噛み締めたくて(笑)
バンパク2
<タイヤハウスが邪魔だけど、かな~り広い荷室>

軽いノリで提案したら
「車内の臭いで酔うかも?」
と言っていた相方がまさかのノリノリ!!

正直ビックリしてるんですけど。

あんなに一生懸命掃除してたのは、
もしかして寝るつもりで綺麗にしたかったとか??
ちなみにバンパクを思いついたときに
予行演習をしようとコットを広げてみたけど、
コットの足とタイヤハウスの相性が悪くて諦めました。
バンパク

コットの真ん中の脚が白いタイヤハウスとあたって
置きたい場所に場所に置けないんですよね。。

そもそもタイヤハウスなんて
あんまり見る機会ないですよね?

キャンピングカーにするならタイヤハウスは
邪魔になるだけなんですが、

タイヤハウスがない仕様だと
後輪がダブルタイヤになるので出せないみたいです、

RIWの世界観が。

いずれデリカカーゴをRIWにカスタムします(^^)

参考: マツダボンゴがこんなにオシャレなキャンパーにリノベーション!?キャンピングカーショー2018

はじめての車中泊はコットは諦めて
荷室にシートを敷くことにしました。
荷室に敷くシートが届いたのでさっそく暗い駐車場でゴソゴソとセッティング。タイヤハウスにちょっと触るけど、このくらいが逆にちょうどいいかも #バンパク するには( ^ω^ )
この週末が楽しみだ!#ルーメナー が明るいから作業が快適


はじめての車中泊成功の鍵は
タイヤハウスを攻略できるか
どうかにかかってる!?


はじめての車中泊レポート

キャンプ場でバンパクしてきました~

14年落ちの中古のバンで車中泊・・・
すなわち、バンパク

結果からいうとバンパクは快適そのものでした。
バンパクレポート2

バンパクレポート3
<なぜか撮影NGだった次男(笑)>

このラグの下にはコールマンのエアマット(グリーンの)を
敷いているのクッション性もバッチリ。
バンパクレポート1

とにかく荷室が広いのでタイヤハウスは
ほとんど気になりませんでした。

それ以上にキャンプの度に頭を悩ませていた
積載の悩みがうそのようになくなりました。

就職した頃に東急ハンズで買って
最近は持て余し気味だった2つの木箱を
持っていこうと血迷うくらいに余裕でした(笑)

雨が降ったり止んだりのキャンプだったので
このスタイルで泡盛BARはできませんでしたが、
頭でイメージしていたレイアウトを再現してみました。

どうですかね~?
それにしても湿気がハンパなかった。
  • トーチ
  • 着火材
  • 火吹き棒(ファイヤーブラスター)
を駆使して大の大人が3人ががりでよってたかって
ようやく火を着けました。

焚き火をするのに過去最高に時間がかかったのは
よい思い出です(苦笑)

1泊2日でしたが3ヶ月ぶりのキャンプを満喫してきました(^^♪

めっちゃ美味いけど、おじさんにはちときつい #ごま油鍋 
すき焼きみたいにとき卵につけていただきます^ ^
鍋1つにごま油油1本以上使ってるので〆に雑炊はダメ!絶対(≧∀≦)
そばでもみんなビビって胃薬飲んでから食べてた(笑)


デリカカーゴの荷室の広さは感動もんでしたが
スピードは出ないですねぇ。

今回はじめて高速に乗りましたが、
登り坂はベタ踏みしても
70km/hが精一杯(汗)

一見してスピードが出ない車と思われているのか
あおられることはなさそうですが、
後続車すべてに追い越されるような感じ。

これからは登坂車線を走らないと(笑)

キャンプ場までのドライブも
ゆったりのんびり楽しもうと思っているので
追い越されてもまったく気にしてませんけどね。

雨にもキャンプ道具の多さにも負けず
余裕のあるキャンプを楽しむためには
荷室の広さって大事だなぁと思った週末でした(^^)