セミコン同期の石田竜生さんが代表理事を務める一般社団法人介護エンターテイナーテイメント協会の設立パーティーにお邪魔しました。

この日のスペシャルゲストはこちらのお二人。

「未来をつくるkaigoカフェ」という介護に関わる方のコミュニティを主催されて毎回100人規模のイベントに育てられた高瀬比左子さんのお話しは、僕もコミュニティを主宰している立場なのでとても興味深く聞かせていただきました。
介護エンターテイメント1
<高瀬さんと石田理事の対談風景>

お二人目のゲストは介護界のアイドルごぼう先生こと簗瀬寛さん。ごぼう先生のお話で印象に残ったのは覚悟についてです。

はじめて自費で体操のDVDを作ろうと決めたエピソードやAbemaTV1周年記念企画の特別番組「亀田興毅に勝ったら1000万円」への挑戦を決めたお話は、パレット2個分のオリジナル泡盛の在庫を抱える覚悟を決めた自分にとってはじめてお会いしたにも関わらず、ごぼう先生にとても親近感を持ちました。

第一線で活躍されているにも関わらずフレンドリーなごぼう先生の人柄がそうさせるんでしょうけど。

普通は無理だろうと思うようなことでも覚悟を決めることができたら案外、物事は進んでいくような気がしました。
介護エンターテイメント3
このふたりでおばあちゃんのヅラを被ってる写真が気に入ってます。DA PUMPがMステでUSAを歌ったときに安室ちゃんのダンスの振り付けでリスペクトを表現したのと同じような雰囲気を感じるので(^^♪←違うかっ!


思い起こせば

代表理事の石田さんとは2014年の3月に開催されたセミナーコンテスト大阪大会の対策講座で隣同士の席になったのが最初の出逢いでした。

「介護関係の仕事をしてます」
「成年後見人をやっているので介護施設にはお世話になってます」なんて、会話を交わした記憶があります。

4年前とは思えない。もっと前のような気がする写真ですね(笑)
セミコン大阪
大阪大会に空きがなくて名古屋大会にエントリーしていた石田さんが、出場辞退者が出たので大阪大会に出れることになって優勝を持って行ったときの写真です。準優勝だった僕は当時の複雑な気持ちを思い出します(苦笑)

このとき既に介護エンターテイナーを名乗っていたのか定かじゃありませんが、トレードマークのおばあちゃんのヅラはまだ被ってないですね。

それから庭のソムリエの石坂 拓司さんにチャンスをいただいてインマイライフというリレーセミナーも一緒に出させてもらいました。
インマイライフ2017

あの出逢いから4年。石田さんは一般社団法人の代表理事になり、その法人設立を僕が司法書士としてのサポートさせてもらえるなんて面白いですね。さらなる飛躍の第一歩のお手伝いができて光栄です。


今回の設立パーティに参加して思ったことは高瀬さんが仰っていたように、介護×エンターテイメントの可能性は無限大だなということ。

石田さんの活躍ぶりからも感じることですが、それ以上にそう感じた理由があります。

一般社団法人の役員の方がメンバーになっているリハレクバーバーズのみなさんと石田さんを見ていると、どこかで感じていた石田さんの一匹オオカミ感が薄まってすごくいい感じでした。
介護エンターテイメント2

もちろん才能がある人は無闇やたらにつるんだりしないのはわかるんですけど、全国的に活躍されている方のコラボもそうですが、協会の理事の方とも互いを高め合えるよい関係が生まれているのを感じました。

僕も一般社団法人設立のお手伝いをさせていただくことが増えてきましたが、スタートから役員が7人もというのは今回がはじめてでした。これも介護エンターテイメント協会のメンバーの強いつながりを感じる理由になりました。

相手に頼ろうという考えの人がいくら集まってもダメだと思いますが、お互いを尊敬し刺激し合える仲間が石田さんのまわりに増えていることを羨ましく思います。


そうそう。「保留します!」と協会の公式ドリンクの件はやんわり断られてしまったのですが、諦めていません(笑)

糖質・プリン体がゼロの泡盛、血液サラサラ効果はワインの1.5倍もある泡盛なのでおじいちゃん、おばあちゃんにも自信を持ってオススメできます!

僕も頑張ってるつもりですが石田さんには全然追いつけないですね。今度はクラウドファンディングに挑戦されるみたいなので要チェックですよ( ^ω^ )
介護エンターテイメント5
ますます置いていかれそうだ。

でも同期というより同志と思える仲間の活躍は素直に嬉しいし刺激になります。

この写真を見ていると可能性は無限大だなって思いますよね。一般社団法人設立、本当におめでとうございました!
介護エンターテイメント4