大きな目標に向かってチャレンジしているとモチベーションが下がってしまう時が必ずやって来ます。どうすればそんな時期を乗り越えられるかを考えた回になりました。6回目の10000チャレンジャー会議のレポートです!

10000チャレンジャーって何なの?という方はこちらをご覧ください。

恒例のウォーミングアップ

まずはお弁当を食べながらの近況報告で軽くウォーミングアップ。事務所の真下にある割烹よし田さんのお弁当がいつもながら美味しい~

お酒は当然のように泡盛。一杯目にチョイスしたのは「松藤」・崎山酒造廠です(^^♪
10000チャレンジャー会議6.1
10000チャレンジャー会議6.2

 共通の課題はモチベーションの保ち方

チャレンジャー達の定例会なのではじめにこの1ヶ月の成果・感想などを1人10分の持ち時間で順番にシェアしてもらいました。

この1ヶ月は様々な事情でチャレンジが停滞してしまった方がいました。10000という壮大な目標を掲げているのでどうしてもチャレンジは長期間になります。だから
  • 体調不良
  • 忙しくて
  • 気持ちが乗らない
  • 他にやりたいことができた etc
いろいろなことが起こって当然です。

僕のチャレンジ「目指せ!10,000あわもり!!チャレンジ」にしても、このままのペースで続けることができたとしても後12年くらいかかる見込み(笑)。12年ですよ、途中で脱落する可能性大です。

僕だって「うまくいかないなぁ」と思うときが結構あります。でもチャレンジの様子をSNSに投稿しているので、なぜかそういうときに限って「頑張ってくださいね!」と応援コメントをもらったり、プロップスの写真を送ってもらったりと気持ちを前に向かせてもらえることがあるんです。

このチャレンジのコンセプト「挑戦の様子を楽しみながらSNSで発信することで、まわりを巻き込みながら達成への追い風にする」を体現するようなことが起きるのが面白いし本当に感謝です。

話しは変わり、真剣に取り組んでいるメンバーが集まるとチャレンジ中の生の声が聞けたり達成に向けて面白いアイディア出てきます。詳しくは書きません(書けません)けど僕が印象に残ったキーワードをメモしておきます。
  • プロップスに電飾!?
  • ○○がどうしても捨てられない
  • ブログの閲覧数が0になった
  • 結局そのままで食べた
  • たこ焼き屋をやりそう

後半戦はスピンオフ企画 第2弾

このタイミングでこの企画を準備していたのは我ながらドンピシャだったと思います(苦笑)。

開始から半年、毎日メルマガを配信して200号を達成された源内 清芳さんから「続けることの難しさ」をテーマにミニセミナーをしていただきました。

源内さんはセミナー講師の甲子園と言われるセミナーコンテスト(僕も挑戦しました)の全国大会「セミコングランプリ2010」で優勝され、商工会議所をはじめインバウンドに関する様々なセミナーをされています。「セミナーコンテスト10周年記念セミナー


そもそも源内さんがメルマガをはじめるきっかけは「東京オリンピックまであと1,000日」というお友達のSNSの投稿を見て、興味があったけどまだやっていなかったメルマガを東京オリンピックの開催日まで続けてみようと思ったことだったそう。東京オリンピックまで残り800日を切ったということですね。

この会のメンバーは源内さんのメルマガ読者なので源内さんのお話しに興味津々。メルマガを読んでいれば200号を楽々と達成されたわけじゃないのが伝わってくるだけに余計です。

僕なんかは「ああ今日で連続更新も終わったなぁ・・」と思ったことが何度もありました(笑)。
10000チャレンジャー会議6.4


継続する鍵はつながり!?

メルマガを続けるうちにコアな読者ができてきたそうです。源内さんはいつも率直に、等身大で、ありのままにメルマガを書いている、そんな印象があるので好き嫌いがわかれるかもしれませんが濃いファンができるのも納得でした。

当然、コアな読者は東京オリンピックまで続けるという目標を知っているので、メルマガを配信をしていない日があると「まだ届いてないんですけど・・・」と励まし(催促?笑)のメールが来るようになりました。

そのメールに気持ちを奮い立たされ(追い込まれ)、「今日は止めようかな」と迷った日もなんとか休まずに配信を続けることができたそう。

源内さんが使っているメルマガ配信サービスは登録する時に「メールアドレス」だけじゃなく「お名前」の登録もできます。

アドレスだけだと難しいのですがお名前の登録があるので、本名を書いていなくても誰が読んでいるのかなんとなくわかるので(開封状況や誰が登録解除したのかまでわかるみたい)。

「○○さんが読んでくれるから書かなくちゃ」

体調不良やら多忙な時期、気持ちがのらない日、もうやめようと思った日。

そんな日が山ほどあった中でも連続配信を続けることができたのは、いつしかそんな風に思えるようになったからだそう。

顔の見えない相手に一方通行で書いていたつもりが、実はコアな読者と双方向のコミュニケーションが取れるメルマガに育っていたということですよね。

メルマガ200号連続配信を達成できた理由は、コアな読者とのつながり(関係性)でした。

この定例会しかり他のチャレンジャーとのつながりこそが僕がチャレンジを続けるモチベーションになっているのでなるほどと思いました。「次回まで○○をしよう」「あれもやらなくちゃ」この会があるからこそ毎月そんな気持ちになれます。

自分の意思の弱さを知っているからこそ継続するための仕組みのひとつとしてこの会を続けているともいえます。それに気持ちがブレそうになったときは「10000チャレンジの事務局をやっているからやらないといけない」それが大義名分というか前に進むチカラになっています。

源内さんのメルマガ「僕の伝え方・あなたの伝え方*源内清芳55歳」の登録はこちらから。

ラストはお約束のプロップス(お面?めがね?好きに呼んでください笑)で記念撮影。茜 志保(spicecurry10000)さんのオリジナルプロップスも完成しました!ご参加いただいたみなさんお疲れ様でした。
茜 志保さん
10000チャレンジャー会議6.3

源内さん、ミニセミナーをしていただきありがとうございました。何度もやめようと思ったにも関わらずなぜ続けることができたのか?日々の苦悩を赤裸々に話してだいたのですごく伝わりました。

スピンオフ企画第2弾も大成功でした(^^)v

10000チャレンジを体験しませんか?

1万回、1万人、1万食でも。なんでもOK!

1万時間の法則をヒントに普通の人はやらないレベルまでやり続けて、
好きを極めるコミュニティ10000チャレンジの月1交流会です。

関連記事:好きを極める交流会。10000チャレンジミートアップを体験してみませんか?


「どんなことをやってるのかな?」と軽い気持ちで参加したのに、気がついたら巻き込まれてしまうんじゃないかと不安に思っている方もいるかもしれませんが(笑)、無理やり挑戦するように煽ったりしないので安心してください。

閉鎖的な会になると回を重ねるほどに澱んでしまって面白いことが起こりにくいと思っているので、オブザーバーとして気軽に参加して率直なご感想や叱咤激励をいただけると嬉しいです。もちろん挑戦してみたいテーマをお持ちの方やスタートを迷っている方の参加も大歓迎です。

目標達成を目指して10000チャレンジャー同士が切磋琢磨するというコンセプトなので、厳しくも愛のある意見が次回も交わされるはず(汗)。百聞は一見にしかず、一度体験していただけると挑戦を形にするためのヒントも手に入ると思いますよ。

とはいってもお酒を飲みながらの堅すぎない交流会です。「1万時間の法則」をベースにしたブランディングに興味がある方!ピンと来た方のご参加をお待ちしています!

平成30年5月23日(水)19時~
会場:司法書士・行政書士いとう事務所(大阪市中央区高麗橋1-5-14-205)
参加費:3,000円(お弁当とお酒・ソフトドリンクを準備します)
定員:6名
※終了しました
10000チャレンジャー会議5.2
<vol.5参加者のみなさん>


◇お知らせコーナー◇
8/9(金)泡盛マイスターがやってくる!沖縄NIGHT


好きを極めるコミュニティ。10000チャレンジ開催中!
泡盛好きの司法書士が造ったオリジナル泡盛

人生が変わるエンディングノート超活用術
40年ぶりに相続が変わる!郵便局で相談会開催中!
コクヨのエンディングノート 書き方のポイントはこちら。