キャンプにハマる人が必ず通る道。

というネタでアメトークのキャンプ芸人で紹介されていたのがこちらです!
  1. グッズをいっぱい買い揃える
  2. グッズの軽量化!
  3. 持っていくモノを極力減らす

1.2.3.と進んで行くみたいですが我が家はまだ1.です。まだというか2.に進まないかもしれない1.かもしれないです。

めったに使わないであろう物や実用的じゃないけどインスタ映えするという理由で、いつのまにかキャンプ道具というかキャンプに持っていくモノが増えています。

↓これはキャンプに出掛ける前の我が家のフリードのラゲッジスペース(荷室)の様子です。キャンプをはじめた2014年から2016年の変遷で上の段の左から右へ、そして下の段の左から右へと新しくなっています。
フリードの積載の変化

途中でINNO(イノー)のルーフキャリアを導入した甲斐あって、一時的に少し余裕ができましたがいつの間にかまたパンパンになってますね(笑)

2017年からは助手席や後部座席にもキャンプ用品を積み出して荷室だけじゃなくても車全体がパンパンになってしまったので、荷室にうまくキャンプ道具が納まったという感動がなくいつしか写真を撮らなくなってしまいました。

助手席に座らず後部座席に3人が荷物と一緒にぎゅうぎゅうで座って助手席をキャンプ用品のために確保したり、近場だったら膝の上にキャンプ用品を抱えて出掛けたりもしてましたからね~全然くつろげない(苦笑)。

この写真を見て思い出しましたがキャンプを始めた頃は独自の快適性を求めて押入れケースを活用してました。

取り出しやすいし上にそのままテントの中に持ち込めるしで結構重宝してましたが、作りが華奢なので上に重いものを載せられなしこのルックスなので、オシャレに目覚めた相方に排除されました。

でも服の収納には良かったです。特に子供の着替えを沢山持っていくのには使い勝手は良かったと思います。

グッズの軽量化というかキャンプ用品が多いと設営・撤収に時間がかかるので、テントは立てやすいコンパクトなものに変えたりしましたが、泡盛BARをするために泡盛を並べる棚や泡盛のボトルや甕を持っていくようになると「減らそう」という気持ちは起きなくなって、如何に上手にキャンプ用品を積み込むかということに心血を注ぐようになりました。

泡盛夏祭りの時に僕がキャンプ用品を車に仕舞う様子を見ていた人が、これだけの荷物がフリードに全部入るんだ~と感動してましたからね(笑)。

キャリアをまじまじと見たらルーフボックスの重みで
キャリアが前にずれてた。

ブレーキを踏む度に少しずつ前にずれてたみたい。
入れすぎだよこれは(汗)
ルーフキャリア

キャンプ場で撤収の様子を見ていると、積み込む順番を1つでも間違えたら全部入らないんじゃないの?と思うようなパズルのようにキャンプ用品が積まれた車やデカイ四駆なのにキャリアの上にもキャンプ用品を満載している車があって、同じ悩みを抱えている同志として思わずニヤっとしてしまいます。

ジープやランクルはキャンプ場でも映えるし山道の走破性は素晴らしいと思うけど、いかに沢山のキャンプ用品を載せれるか?という視点で見ると(いつの間にかそういう目でしか車を見れなくなりました笑)、エンジンの上のスペースがもったいないなぁと思ってしまうんですよね。

これって相当キャンプ用品の沼にハマってますよね、かなりの重症です。。

というわけでキャンプ用品を気兼ねなくバンバン積めるというのも、デリカカーゴに買い換えた理由なんですがあらためて見ても荷室が広すぎる\(^o^)/

#デリカカーゴ の荷室が広いので寝袋は保管用の袋で持ち運ぼうかな。ぎゅっとならない方がダウンにもいいし、出し入れもめっちゃ楽。たださすがに邪魔かな(笑)



デリカカーゴの最大積載量は1250kgですからね~。フリードはバンじゃなくてステーションワゴンになるので車検証に記載されていないから最大積載量はわかりませんけど、感覚的にはフリードの3倍くらいキャンプ用品が積めそうな勢いです。

デリカカーゴなんてキャンプをしない人にはまったくもって興味の沸かない車だと思いますけど、ってキャンプをする人にとっても同じか(苦笑)。

キャンプ用品を減らすことを諦めた方はデリカカーゴに関わらず、ハイエース、キャラバンなどの箱車を検討されることをオススメします!

注)デリカカーゴにして運転できるのか?
クルマを代えたらキャンプ道具は確実に収まるのか?
気になるところはあったので迷いもありました。

関連記事:キャンピングカーのベース車、デリカカーゴは期待と不安でいっぱい。

余談ですが、うちは車は大きくしましたが、子供が産まれたことがきっかけで兵庫から大阪に引越しをして家は小さくなりました。家族が増えたのに小さくなりました。

だから沢山のモノを減らしました。子供が成長しても家は成長しないので自分のモノは意識的に減らしています。

コレクションじゃないけど泡盛は前の家のときには結構な本数を持っていましたが必要最低限に減らすようにしています。ひとりで飲みきれないほどの泡盛を自宅に持っていてもしょうがないと思うようになったからです。

誰かと一緒に楽しく泡盛を飲める機会を沢山作って、必要な泡盛をそのときに買えばいいという感覚です。ここ数年よく言われている所有よりもシェアです。ひとり占めしてもあんまり良いことはないし。

入れ物を小さくしたら必然的に中身も減る。

引っ越すときはそういう意図があったわけじゃありませんが、家とモノに関してはこういう関係になっていると思いますが、キャンプに関しては真逆ですね。

入れ物を大きくしたら必然的に中身も増える。

まあ人生にはメリハリが大切なので、自分が必要だと思うことは意識的に増やすのもありじゃないかと。

クルマの方の問題は解決したように思いますが、家の方はこんな感じで深刻です(汗)

関連記事:我が家の小1問題。かなり深刻!?



人生は選択の連続ですからね~とまとまったかどうかわかりませんが(苦笑)、これからキャンプを始めたいと思っている方はこちらもどうぞ!

◇お知らせコーナー◇
8/9(金)泡盛マイスターがやってくる!沖縄NIGHT


好きを極めるコミュニティ。10000チャレンジ開催中!
泡盛好きの司法書士が造ったオリジナル泡盛

人生が変わるエンディングノート超活用術
40年ぶりに相続が変わる!郵便局で相談会開催中!
コクヨのエンディングノート 書き方のポイントはこちら。