インスタで見つけたグループキャンプに
参加してきました。

キャンプ場はモビレージ東条湖。

ここは嵐に遭遇して1泊前倒しで撤収した
苦い思い出のあるキャンプ場です。

黄緑のバッタみたいなのが僕です。
嵐のモビレージ
<豪雨で車に避難した相方が撮った撤収の様子>

なんとか無事に撤収できたけど、
ドロドロになったテントを乾かすのがもう大変。

車中泊への憧れはこの頃から芽生えてたと思います。

アーリーチェックインができて時間に余裕があったのと
11月で寒くなってきたので車中泊(バンパク)を
冬仕様に変更してみました。

車中泊とは名ばかりで
バンの車内で雑魚状態なのでバンパクです。

関連記事:中古のバンで、はじめての車中泊レポ@ハイマート佐仲


まずはキャンプ道具を全部車外に出して
デリカカーゴの荷室を空っぽに。
バンパク冬使用1
<車中泊の準備はここからです!>

ちなみに今回の荷物はこんな感じ。

キャンプ道具はかなり多いけど荷室がでかいから
乗車率でいうと50%くらい(笑)
まずは、少し潔癖が入っている相方が
自分が寝る部分に敷物を敷きます。
バンパク冬使用2

この後はコールマンのエアマットを荷室全体に敷き詰めます。
バンパク冬使用3
奥にシングルが1枚。手前にダブルが1枚。
バンパク冬使用4
<敷き詰めたコールマンのインフレータブルマット>

ここで冬仕様の秘密兵器、
ホットカーペットの登場!!

今回は電源付きのサイトなんですよね。
バンパク冬使用5
<マットのセンターにホットカーペット>

あとはエルパソのラグを敷いて。
バンパク冬使用6

最後は寝袋(スノーピークのオフトン)を広げて完成。
バンパク冬使用7
冬仕様といってもマットの上に
ホットカーペットを置いただけですけどね。

冬仕様のバンパクの寝心地を確かめる前に・・・

いったん寝袋を横に寄せて子供の遊び場を作ります。
バンパク冬使用8
<ニトリで買った切り株スツールの車中泊デビュー>

14年落ちのバンですが
子供が喜んで荷室で遊んでくれるので、
買った甲斐があったなぁって思います。

喜んでくれるのはいいんですけど。

ボロいバンからまだなにも変わってないのに
外でこのクルマのことを

キャンピングカー
って呼ぶのは勘弁して欲しいですけどね。

まるで親が洗脳しているみたいじゃないですか(苦笑)


で、冬仕様はどうだった?

僕はバックドアの方を足にして寝たのですが
ホットカーペットが腰くらいまでなので
足元がけっこう寒かったですね。
※時期は11月の前半でした

寝袋は開いて掛け布団状態だったのも原因です。
ヒートテックを履いて寝たら問題なかったと思います。

相方に「寒くなかった?」と聞いたら

返ってきた答えが・・・

電気毛布してたから
暑いくらいだった。

でした。


ホットカーペットと電気毛布で
サンドイッチ状態って
自分だけ過保護だな(笑)

こんなことができるのも
電源サイトだからですけどね。

キャンピングカーになるのは
まだまだ先になりそうなので
快適な車中泊を目指して徐々に
アップデートしていきますか(^^)

それにしても。
最近テントの出番がめっきり減っている。



◇お知らせコーナー◇