手探りではじめた10000チャレンジャー会議も12回目。
のべ66人の方に参加していただき、定員6名なので
ほぼ満席で1年間続けることができました。

10000チャレンジって何なの?という方はこちらを。

関連記事:10000チャレンジって何なの?

まずはウォーミングアップから

いつものようによし田さんの美味しいお弁当を食べながら
軽くウォーミングアップ。

嬉しいことに今回も初参加の方がおられたので
自己紹介もかねて近況報告タイムです(^^♪
10000チャレンジャー会議12.1

ウォーミングアップが済んだら本題へ。

弱さが出ると魅力的になる

チャレンジャー達の定例会なのでこの1ヶ月の成果・感想
などを1人10分間で順番にシェアしてもらいます。

その前に僕から初参加の方に向けて
10000チャレンジをスタートさせた想いや
この会の趣旨などをお話ししました。

1年続けてようやく明確に言語化できたように思います。
長かったですね~(苦笑)

真剣に取り組んでいるメンバーが集まるので挑戦中の
生の声が聞けたり、面白いアイディア出てきます。

詳しくは書きませんけど僕が印象に残ったキーワードを
メモしておきます。
  • いよいよクラファン始動
  • フィジークブームが来てる!
  • 現在進行形の終活
  • 泡盛冬祭り etc
メンバーが自己開示をするようになってきたなぁと
今回はいつも以上に感じました。

なぜこのチャレンジをしているのか?
チャレンジの過程での挫折や迷い、葛藤。

自己開示、特に弱さをさらけ出すことでより魅力的に
思えるし、何より強い絆が生まれる。

弱い部分を出さなくても正直に話せば適切な意見を
もらえる。なんでもそうじゃないですか!

和仁 達也先生のセミナーや書籍で学んだ
安心安全ポジティブな場
を目指してこの会を運営してきましたが


初参加の方もメンバーの自己開示を聞いて
僕と同じように感じてもらえたようです。

10000回チャレンジの達成への途中経過を聞きながら、
いろんな人のいろんな思いが知れて面白かったー。
自分の専門性と遠いところの物へのチャレンジと
専門性のコラボが、新しい価値観を産み出していく!!
うん、うん。楽しいし面白い!!!
ずっと人生チャレンジし続けられたらいいなあ😃

安心安全ポジティブな場に少しは近づいているのかなと。


期限が決まると行動が変わる

11/4に開催した泡盛と燻製のコラボイベントを通して
感じたことをシェアしてもらおうと10000燻す!の
丹田 猛志さんにミニセミナーをお願いしました。
泡盛秋祭り2018.17

関連記事:アウトドアで楽しむ泡盛はサイコー 泡盛秋祭りのテーマは燻製×樽

丹田さんにとってはじめての燻製イベントでした。

参加費を払ってまできてもらえるので
できるだけいいものを出したい!という想いで
忙しい仕事の合間を縫って準備してきたようです。

色は付くけど薫香が思うように付かないという課題を
解決するために急遽、燻製教室に参加したり。

燻製教室から数日して
もしかして原因はチップにあるんじゃないか?
と気がついて最後は自分の手で課題を解決する
ことができたそう。

意識して動くと課題が見えてくる。
その課題を解決することで自信につながるし、
自分のスキルもあがる。

それを証明するように今回は燻製を試食しながらの
ミニセミナーで前回の課題をバッチリクリアされていて、
かっこ良かったですね(^^)

関連記事:2連覇もひとつの通過点 10000チャレンジャー会議vol.7

10000チャレンジャー会議12.2
<柔らかくてしっとりしているささみの燻製>

さらにツイッターの投稿をここ2ヶ月ずっと
継続することができていました!

自作の燻製器も完成して反応もよかったみたいです。
ベースはあるけどガラス窓にしたのはオリジナルです。

このインパクトなら反応がよかったのも納得ですよね(^^♪

しかも燻製のグッズが増えてきて専用の棚をつくるとか。
どんどんチャレンジが進化してますね~


ブログ100記事よりも効果あった?

僕はブログを100記事を書くよりも自主開催イベントを
1回する方が勉強になると前から言っているのですが、

これに興味をもってくれた丹田さんにぜひ1回体験して
もらいたくて今回のイベントを企画しました。

本当にブログ100記事よりも勉強になったのか?
どうなんでしょ?
10000チャレンジャー会議12.6

イベントをすると期限が決まる。
期限が決まると動かざるを得ない。

結果、動ける。
動くと課題が見えてくる。

イベントまでに課題を乗り越えようと努力する。


丹田さんはブログを書いていないので
単純に比較はできませんが確信できることがありました。

ここ1ヶ月だけで燻製した数が
1月からの10ヶ月分を超えた
というんだから

たった1回のイベントですが
その効果は言うまでもないですよね(^^)v


今回のスピンオフ企画は?

2日後、セミコン敗者復活戦に挑戦される伊藤 達也さんに
10分間セミナーを聞かせていただきました。
10000チャレンジャー会議12.4

たった1日でしっかり仕上げられた素晴らしい10分間を
拝見することができました。
最後まで追い込んで挑戦する姿勢に感動しました。

結果は出ましたがこれはひとつの通過点。
本当のスタートはここからです。本当にお疲れ様でした。
10000チャレンジャー会議12.5
<セミコン敗者復活戦2018>

最後はお約束のプロップスで記念撮影。プロップスでも
お面?めがね?でもどうぞ好きに呼んでください(笑)

ご参加いただいたみなさんお疲れ様でした。
10000チャレンジャー会議12.3

次回は12月。1年間挑戦してきた自分を労り、仲間と
来年の抱負を語る場にしたいと思います。


10000チャレンジを体験しませんか?

1万回、1万人、1万食でも。なんでもOK!

1万時間の法則をヒントに普通の人はやらないレベルまでやり続けて、
好きを極めるコミュニティ10000チャレンジの月1交流会です。

関連記事:好きを極める交流会。10000チャレンジミートアップを体験してみませんか?


閉鎖的な会になると、回を重ねるほどに澱んでしまって
面白いことが起こりにくいと思っています。

オブザーバーとして気軽に参加して率直なご感想や
叱咤激励をいただけると嬉しいです。

もちろん挑戦してみたいテーマをお持ちの方や
スタートを迷っている方の参加も大歓迎です。

とはいってもお酒を飲みながらの堅すぎない交流会です。
ピンと来た方のご参加をお待ちしています!

「10000チャレンジャー会議 vol.13」

平成30年12月19日(水)19時~
会場:大阪市内で探しています
参加費:4,000~5,000円くらい

※お申込みはfacebookのイベントページからお願いします。
終了しました。
10000会議11.2
<vol.11参加者のみなさん>