無くてもいいけどキャンプにあったら超絶便利なもの。
それがタープです。
ノルディスクのKari20
<ノルディスクのタープ カーリ20>

もし雨のキャンプならタープがないと人だけでなく
キャンプ道具もびしょ濡れになるし、

真夏に炎天下でのキャンプは
殺人的と言っても過言ではないです。

右手に箸、左手に日傘でバーベキューしているグループもたまに見かけます。

雨・日差しだけでなく
他にも霜よけ、虫よけとしても活躍します。
木の下は意外と葉っぱや毛虫とかが落ちてくる。。


何よりもタープがないと
ちょっとサイトが寂しいんですよね。
なんか物足りないというか。

ちょっと冷え込む日なら明日の朝、
結露であのむき出しの椅子が濡れてないかとか
他人のサイトのことまで勝手に心配になっちゃいます。

キャンプだけじゃなく
BBQなんかのデイキャンプでも使えますからね。
タープはぜひともおさえておきたいところ。

関連記事:【初心者向け】キャンプを始めるならこれだけは買おう!キャンプ道具10選


タープは大きく分けてヘキサ型とレクタ型があるけど
我が家の場合は有効面積が広いレクタ一択。
<ヘキサ型のスノーピークのタープ>

<レクタ型のスノーピークのタープ>

しかもGRANDE OUTDOORの
白いテントと喧嘩しない色合いで
タープの下で焚火も楽しめるコットン混で・・・
グランデアウトドア
<グランデアウトドアのsutdio mini>

ということで候補に挙がったのがこの3つ!
  1. NORDISKのKari20(400×500)
  2. TATONKA(タトンカ)のTarp1TC(425×445)
  3. Tent-MarkDesignのTakibi-Tarp Cotton Recta(420×480)

とりあえず最寄りのスポーツオーソリティに
TATONKAが置いているとの情報をゲットしたので
すぐさま見に行ってきました。


が!

「TATONKAのタープ見せてください」って頼んだら

「縫製が甘い」とか
「長い目で見るならちょっと」みたいなことを
店員さんに言われ意気消沈。

確かに思っていたよりも生地が薄くて残念ながら却下。

続いてテンマクデザインTakibi-Tarp Cotton Recta


こちらはモデルチェンジしたのか色が濃い。
ネットで見る写真よりも実物は色が濃い。

カーキタンカラーって感じ。
思ってたんと違うってことでこちらも却下。


残るはNORDISKのみ。

当時はおしゃれなテント=NORDISK。

でもNORDISKを買うのって安易だよねー
と思っていましたが(苦笑)

最後の選択としてKari20を見に行ってきました。
こちらも写真で見るよりはアイボリー系。

GRANDEのテントが真っ白だからへんな濃淡になるかと
心配したけどそうでもなく。
グランデとカーリ
<グランデのテントと連結したノルディスクのカーリ>

ってか誰もそんなこと気にしてないよなってことで
他に選択肢もないしお買い上げ。

で、使ってみて・・・
使い心地、最高です!
安易とか言っちゃってごめんなさい!(汗)

ま、重いですけどね。
嵩張りますけどね。
今の我が家は無敵ですから。

関連記事:キャンプとは積載との戦いである。減らすか?それとも増やすか?


ナチュラルサイトのお約束、ウッドポールも
検討しましたが当時はいいサイズのがなく、
とりあえずUNIFLAMEの黒を4本買いました。
このポールは60cm×4本の組み合わせなので
人数や天候に合わせてサイドを240cmで上げて広くしたり
片側だけ120cmに下ろして基地っぽくしたりできます。

まぁ大体出入りの邪魔になるので
180cmか240cmで使うことが多いです。
帽子かぶってると毎回頭ぶつけるキャンプあるある(笑)
カーリ
<サイドを240cmのポールで建てたカーリ20>

デビュー戦は予定通り公園で大人数でのBBQ。
さすがレクタタープ、大きな影ができました!

関連記事:泡盛夏祭りで盛り泡ろう!!@服部緑地

他にもプロジェクターの投影スクリーン
としても大活躍。
とにかくアレンジがきいて使い勝手がよいです。

友人が300×400のKai12を購入しました。
こちらは少し小さめでファミリーキャンプ向けなサイズ。
子供映画館@OKオートキャンプ場
<Kai12と連結したKari20の片側を下ろしてスクリーンに>


今回の野望

次はもうオーダーしかない、と思ってます。

この前、めちゃくちゃオサレなサイトがあって

ボーダーのカフェ風タープを
ワーゲンバスにカーサイド風に張っている人がいて
夫婦で目がハートになりました。

いや、それはワーゲンバスだからという話もあるし
色合いもあるでしょう。

でも、とりあえずやってみたい派の我が家は(笑)・・・

思いっきり作業車のままの愛車に
超強力な吸盤タコでKari20を引っ張って
カーサイドタープ風を試してみました(>o<)
タコ4

いや、これはこれでアリじゃないですか?
タコ3
結構気に入ってます(^.^)
キャンプ場外のお風呂も買い出しも行けないですけど。

我が家のバンもいつの日か
オサレなキャンカー
に生まれ変わった暁には、

からし色ベージュの太目のボーダーだな。

サイドのフリルは可愛らしすぎるかな、と妄想中です。

その時はいよいよウッドポールに
しないといけないでしょうね~~~フフフ


文:M 編集:いとう


<編集後記>

相方が書いた文章を僕が編集して記事に仕上げました。

理想と現実のギャップが大きすぎるので
どうしようかと思ったけど
一応、理想の姿を載せておきますね(苦笑)

ノルディスクのKai20を買ったのは僕の企画した
イベントがきっかけだからまたもや、なんも言えねぇ。


でもこれは言っておかないと!

タープのオーダーは
望むところですわ!!笑