我が家のデリカカーゴが
キャンピングカーになるには、
まだまだ時間が掛かりそうですが

GWは寄り道しながら車中泊で
山形に帰ることを目論んでいるので。

関連記事:キャンピングカーで妄想の旅 スノーピーク本社でキャンプして実家の米沢へ編


荷物を車外に降ろしたり
気合を入れて荷室を片付けなくても

サクっと寝れる
とかなり便利なんですよね。


キャンピングカー(ブローニィRIW)になっても
2列目のシートはこのままなので
私的な簡易カスタムを模索してみました。

20センチくらい?かな

1列目と2列目ののシート間には
平らな面があるので、
(右の方に籠を置いている部分です)
2列目をベットに1

床の部分に何かを敷き詰めて
この平らな面とシートとの高さを
合わせることができたらかなり広い面が作れそう。

これができたら子供達はもちろん
相方も横向きで寝れそう。
これができたら僕は荷室にコットを広げて寝るつもり。

このレイアウトなら家を出るときから
荷室にコットを広げたままでも
スペース的には問題なさそう。

もちろん走りながらは寝ませんが(笑)

何かいい方法はないかな?と思ってました。


このスキマを埋めてくれるもの?

2列目をベットにするには
床の部分をどう攻略するのか?
2列目をベットに2

一時的なつなぎになりそうなので
お金をかけずに。
ここは知恵の絞りどころです。

で、家の中を見渡すと
良さそうなものがありました。

それは・・・



押入れケース木の板。

キャンプには縁がなさそうな両者ですが、

押入れケースはキャンプを始めた頃に
着替えを入れて持って行ってたし、

木の板は今もこうして
BARカウンターの棚板として活躍中。
ヘリノックス@泡盛BAR

とはいえ。

巡り巡って車中泊用に使おうなんて
人生何が起きるのか?わからないもんですね(笑)

こんなんで床を上手くかさ上げできるのか?

上手くいかなかったら・・・
寝れないんですけど(笑)


失敗の許されない挑戦。

大げさだけど結構マジ。
またレポートします!


真冬のグルキャンで検証してみた

2列目を畳まず、荷室を片付けなくても
サクっと車中泊ができる!

レイアウトを考えたので
2019年の初キャンプで試してみました。
我が家的バンライフ1

グループキャンプで他のメンバーに
宴会幕の準備をお願いできたので、
いつもより荷物が少なくて好都合でした。


2列目の床とシートの隙間を埋めるのは
2つの押入れケース。
2列目をベットに2

幅がギリギリ入らない!!

無念。と思いきや、

まるでオーダーのようなぴったり感に
なんだか怖くなりました。

無印の普通の押入れケースなんですけどね。

こうなることが最初から
決まっていたような感じ(笑)


子供が寝る場所とはいえさすがに
押入れケースにマットを敷くのは

パキっと割れそうなので
木の板を押入れケースに渡して補強します。
2列目をベットに3

合板なのでこの板自体が割れても
おかしくはないんですけど。

そこは気づかない振りをしておきましょうか。

この上にコールマンのインフレータブルマットを敷いて、
電気毛布で暖を取り、寝袋を広げて布団代わりにします。
2列目をベットに4

寝転んでみたら、まさか押し入れケースの上に
寝ているような違和感はまったくなくて、
少し足を曲げれば175cmの僕でも十分寝れそうでした。
2列目をベットに5

さて。

僕の寝床はバンの荷室に広げたコットです。
荷室にコット1

メッシュのコットなのでコットンのラグを敷いて
その上にホットカーペットをのせて
この上に寝袋というフォーメーションです。
荷室にコット2

これならバックドアを開けて2秒で寝れると思う。
荷物が少なければ家を出るときから
この状態でもいいでしょうね。
<週末バンライフ2019/1/12-13@南光町自然観察村>


このスタイルはあり?なし?

荷室にマットを敷くよりも
コットの方が断然寝心地がよかったですね。

ただ、ホットカーペットが熱かった。

真冬なので温度をMAXにしてたんでしょうね。

目が覚めたときに背中全体を
低温やけどしているかと思った。。

大丈夫だったので温度を下げて二度寝しました。


一方、2列目で寝た相方と子供は狭くて
寝返りも打てなかったらしい。

横向きに寝るのは止めて前を向いて、
寝たほうがよさそうということでした。

そうなると相方は座った状態で
寝ないといけなくなるんですけど。

こればっかりは代われないので、
よいアイデアを考えてもらうしかないですね。


それから、キャンプ道具を積んでいるときは
荷室にコットを広げたままだと
さすがに邪魔でしたね。

山形への旅では途中でキャンプもしたいので
荷物は厳選するとしても
コットを畳まないと荷物が載らなさそう。

コットの脚が邪魔になるので
コットの下にはほとんど荷物を
入れられないんですよね。

コットくらい寝るときに広げろよ!

って話なんですけど。

手を抜くならトコトン抜きたい性分なので。


救世主あらわる。

我が家のデリカカーゴの
2列目ベッド化計画は次のステージへ。

押入れケースで床の隙間を埋めるアイデアは
神がかり的にぴったりだし既に家にあったものなので
そこはとてもよかったけど。

2列目をベットに2

引き出し式なのでこの上をベッドにしたときでも
使えるのは便利なんですが、
ドアが閉まっていると中身が取り出せない。。
(走行中は使えないってこと!)

押入れケースの上面が弱いので
補強のために板を載せてみましたが、
この作業がまあまあ面倒だし
荷室でも板が邪魔になるんですよね。
2列目をベットに3


で、少し予算を組んでリサーチしてみました。

新しいアイデアを相方が図にしたのがこちら。
2列目ベッド化計画図面

上面に座れてイスにもなるケースを2列目の足元に
3つ敷き詰めてフラットな面を作ります。

そこにエアマットを2枚敷くというプラン。

53.5cmのエアマットを2枚並べる場所が
なんと107cmしかないという



53.5×2=107
デリカカーゴ用か!

と思うくらいにぴったりで怖いくらい。

ま、計算上ですが。

まずはケース(ストレージチェア)を
1つ買ってみるかぁ~と。

さっそく届きました。
FESTA HOME1

簡単に組み立てることができます。
FESTA HOME2

これを3つ並べて子供のベッドにしようというプランです。

これは雨の日の退屈しのぎに作った
段ボールのベッドだけど、
イメージはこんな感じ。
これだと走行中も開け閉めできるので
クルマで出かけるときにストレージチェアの
使い心地を試してみようと思います(^^♪
使い心地に満足できたので3つ買って並べてみました。
押入れケースのようなぴったり感はないけど
上にマットを敷いたら問題ないでしょ!

イスとしても使えるので上に板を載せて
補強しなくてもいのが楽ですね~。
いくらぴったりでもエアマットは膨らましたり抜いたりするのが面倒くさいという話になって、ポチッと言ってしまいました。

パタパタと畳むだけでOKのサーマレストです。
サーマレスト2

上にペンドルトンのラグを敷いたら、すぐに寝れそう。
これで車中泊は完璧でしょう(^^)
サーマレスト1