ちゃぷん。


キャンプシーズン到来!ということでストーブの準備。
フジカハイペット1

クルマに積んでおこうとフジカ・ハイペットを持ち上げたら。

ちゃぷん。

3月に片付けるたときに中の灯油を燃やしきってるから
残っているはずはないんだけどなぁと思いつつも

地震計が反応した音かもしれないと思って
解除してからもう一度揺らすと

今度ははっきりと。

ちゃぷん、ちゃぷん。

中に灯油が相当残ってるぞ!

これは。

でも仕舞うときに最後まで燃やしきったのに
こんなに残るなんてちょっとおかしくない?

これって不良品なんじゃない?
と疑いを持ってキャンプ道具担当の相方に
フジカに問い合わせてもらったら

弊社ストーブのタンクは設計上自然消火した後も
600cc程度燃料が残るようになっております。


ということでした。
疑ってごめんなさい。。


それにしても600ccって残り過ぎじゃない?
泡盛なら3合瓶分も残っているってことですよ。
※すべてが泡盛基準(苦笑)

もちろん油量計の目盛りはゼロなんです。
フジカハイペット2

ということはシーズン終わりとかに
残ってる灯油を600ccだけ持っていっても
ストーブを使えないってことでしょ。

まだ半信半疑ですが、いざ検証です!


灯油が出てくる出てくる~。
フジカハイペット3

ちゃぷん、ちゃぷん
は期待を裏切りませんでした(笑)

600mlを超えてくるかもしれないので
念のため720mlのボトルを用意してました。

どこかで見たことあるボトルですが。
うちに空き瓶がたくさんあるんです(^^)
フジカハイペット4


泡盛好きの司法書士が造ったオリジナル泡盛販売中!

400ccくらい
ですかね、
フジカハイペットの中に残っていたのは。

どうせなら瓶に入りきれないくらい残っていたらねぇ。
オチとしては弱いですね。。


見た目は泡盛と変わらない。
ちょっと脂分が多い泡盛って感じ。

昔の泡盛はくさかったと聞くけど、
どんな臭いだったんですかね?
とこれを見ていて思いました。

去年の秋にストーブが欲しくなって注文したのに
ずっと順番待ちでフジカが届いたのが今年の3月頭。

クルマにポリタンクを載せる余裕がなかったので
灯油を入れたままでも漏れずに運べるのを気に入って
フジカハイペットを選んだのを思い出しました。

揺らしても漏れない構造というのが
自然消火(空焚き)しても灯油が残る理由なのかな?


タンク内で古くなった灯油は不完全燃焼の原因に
なって危険だから使わないほうがいいみたい。

捨てるときは古いタオルとかに染み込ませて
ごみに出さないといけないらしい。

面倒だし捨てるのはもったいないよなぁって思って

それなら灯油のランタンを買おうかなって
物欲まみれの相方みたいなことを思ってしまった(苦笑)


でもキャンプの帰りに寄ったガソリンスタンドで
聞いてみたらサクっと回収してくれたので
ランタンは買わなくてもいいかってなっています。

このスタンドのおじさんがすごく感じのいい人だったので
思わずキャンペーン中の洗車カードを買って
デリカカーゴを洗車してきました。
デリカカーゴ洗車1

買ってからはじめて洗ったから綺麗になったと思う。

ちなみにフリードは一度も洗ったことはなかったですね。
雨の日に走るのが洗車代わり。

ボロいバンなのになぜか大事にしている。

高速は登坂車線を走らないといけないくらいしか
スピード出ないのに僕は運転するのが楽しいし、
相方は気が付いたら床をほうきで掃いている。

子供らは既にキャンピングカーって呼んで
楽しそうに乗っているし(苦笑)


もしかしたら僕らが買ったのは
ただのボロいバンなんかじゃないのかもしれない。

と思ってあらためてデリカカーゴを見た・・・

やっぱり14年落ちのボロいバンだった。
少しだけ綺麗になったけど。

このボロいバンで次はどこ行こ?
デリカカーゴ洗車2




追記

ストーブシーズンが終わったので
フジカの中の灯油を抜き取ってから
空焚きしました。
今回は抜き取った灯油はポリタンクで
密閉して保管していますが
果たして来シーズンで使えるのか?

不完全燃焼は怖いですからね。

一酸化炭素の警報器は持っていますが
中国製の安いものだからなんとなく
信用ならなくて。

残った灯油が使えるランタンを買うのが
ここは正解なんでしょうか??


できすぎた話?

深夜に帰宅したらキャンプ道具の棚ではじめましてのランタンとご対面しました。

またこっそりゲットしたのかと相方に確認したら。

なんと!
アウトドアパーク2019の抽選で当たったらしい!

これで灯油が使いきれる(^^)v

FEUERHAND(フュアーハンド)ランタン

それにしても。
欲しかった灯油が使えるランタンが当たるのは
話が出来すぎてる気もしないでもないが(汗)

我が家では、はじめての電気以外のランタンです。